歯列矯正

歯列矯正

矯正歯科の重要性

歯並びが悪いと、次のような症状が起こります。

  1. 見かけが悪い(審美障害)
  2. 食べ物をうまく噛めない(咀嚼機能障害)
  3. 言葉がはっきりしない(発音障害)
  4. 隅々まで歯ブラシが行き届かないため、虫歯になりやすく、口臭の原因を引き起こす
 

矯正器具の種類

メタルブラケット

広く一般的に使われているタイプの、金属性矯正装置です。その他の器具よりも目立ちやすいという部分が欠点ですが、より安価で高い効果が期待できます。

 

プラスチックブラケット

ワイヤーは金属ですが、ブラケット部がホワイトで、歯になじみ通常のメタルタイプよりも目立ちにくくなっています。ワイヤー部はメタルタイプと同様のため、同じく高い効果が期待できます。

 

セラミックブラケット

セラミックで作られている、透明な矯正ブラケット装置です。耐久性、審美性に優れており見た目がきれいなので女性に人気の矯正装置です。

 

コンビネーションタイプ

上顎の裏側に矯正装置をつけ、下顎にクリアタイプの装置をつけるタイプです。上の歯のみを裏側矯正に変更するだけでも、かなり目立たなくすることが可能です。

 

フルリンガルタイプ

上顎、下顎ともに矯正装置を裏側につけるタイプです。メタルタイプと比べやや矯正期間が長くなりますが、外観からは治療装置が全く見えなくなります。